企業は人なり

HOME > 仲間 > 社員紹介 > 野見山明俊

店長として店舗運営を任されています。いかに前年よりも増収させるか、増益につなげていけるかを考え行動しています。増収のためには何が必要なのか?その中で、日々の運営スタイル、人員確保、商品の陳列方法などを考えています。前年比をもとに毎月の予算作成から始まり、コストの検討(人件費、食材原価、その他必要経費)なども行います。予算を達成できた時は店舗の責任者としてやりがいを感じ、飲食業でのビジネスの醍醐味を得ることができます。また、一ホールスタッフとして、日々お客様から「ありがとう」の一言がいただけるよう全力の笑顔で勤務しています。

お客様から「ありがとう。とても美味しかったし、気配りが良かった。」と言っていただけることは、私たちサービス業で働く者として一番の幸せだと思います。お客様からの感謝のお言葉、それだけで非常に嬉しいのですが、その「ありがとう」の意味。なぜ「ありがとう」と言ってくださったのか。ホール社員としては、お客様からの「ありがとう」に繋がった接客をしてくれたアルバイト・パートスタッフを誇らしく思います。その際に「自分の教育はすべて正確という訳ではないかもしれないけれど、間違ってなかった。しっかりスタッフに伝わっていた。」と感じることが出来たとき、そこにやりがいを感じます。

大学時代、若鯱家でアルバイトをしており、その当時のマネージャーが、私の仕事を見ていてくださり、推薦していただきました。私自身も尊敬できるスタッフ、憧れていた店長がいたので、この会社でこの人たちと一緒に働きたい、同じ職場でなくても、同じ目標、ビジョンに向かって仕事がしたいと思い、入社を決断しました。組織の風通しの良い風土、頑張っている人をきちんと評価、応援してくれるというのも入社を決めた要因の1つです。もちろんカレーうどんも大好きです!

自分で考え、行動できる。しかし、組織で働く以上、本部からの指示は絶対です。店舗としては本部からの指示されたことだけを行うだけでは、周りのライバル店に差を付けられてしまいます。自発的に考え、考えだした答えを上司に相談する。勿論、可能、不可能はありますが、一人一人社員の考えをまじめに聞いてくれる会社なので、そこにやりがいを見出せます。基本的に1つの店舗に社員は一人から二人なので、課せられる責任は非常に重いです。しかし、その重みを感じながら働けるということは、とても幸せだと思います。

先輩社員の方々が非常に仲が良いので、社内の雰囲気が良く、新入社員の頃もすぐに会社に馴染めました。また、教育システムがしっかり整っているので、安心して業務に携われます。上司が常に私の事を気にかけてくださり、私の考えや悩みをいつでも聞いてくれる職場環境なので、今の自分があるのも、これまで支えてくださった多くの先輩方のおかげだと実感しています。

頑張る人を応援してくれる会社です。悩んでいるあなたを一人にせずに一緒に考え、悩んでくれる先輩のいる会社です。働くフィールドが整い、「名物カレーうどん」という武器を持った素晴らしい会社です。あなたが仕事に求めるものは何ですか?やりがい、仲間、賃金、自己成長。優先順位をしっかり見極め考えてください。一生に何度とない決断だと思いますが、私は一度も入社したことを後悔したことはありません。そして熱意ある後輩と一緒に働ける日を楽しみにしています。

新卒募集情報はこちら!